精霊の人類学 : 北タイにおける共同性のポリティクス

田辺繁治 著

これまでの多くの人類学的研究では、「精霊」を宗教的な象徴システムとして捉えようとしてきた。これに対して本書では、「精霊」を単に象徴としてではなく、個人または社会集団の内部に変動をもたらし、社会的・政治的に機能するダイナミックな「力」として捉え、その社会に内在する根源的な人間の心の深層を掘り起こしてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精霊とは何か
  • 第1部 伝統社会の基層としての精霊(祖霊と女性-ピー・メン儀礼
  • 供犠と仏教-プーセ・ニャーセ儀礼
  • 先住民の精霊と権力-インタキン儀礼)
  • 第2部 新たな共同性を生みだす精霊(精霊儀礼の認知理論
  • 霊媒の夢と憑依
  • 霊媒カルトの勃興と新たな共同性)
  • 精霊の力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精霊の人類学 : 北タイにおける共同性のポリティクス
著作者等 田辺 繁治
書名ヨミ セイレイ ノ ジンルイガク : キタタイ ニ オケル キョウドウセイ ノ ポリティクス
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.3
ページ数 259,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025887-6
NCID BB12192056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22230548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想