経済史をやさしく学ぶ = Easy Learning of Economic History

石川治夫 著

ストーリーとして理解する。歴史を"諸史実の間にある因果関係の連鎖"としてとらえ、経済発展の大きな流れをつかむ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 経済史の課題と方法(経済史の課題
  • 経済史の視角・方法)
  • 第2部 資本主義に先行する諸生産様式(共同体とその歴史的諸形態
  • 原始社会
  • 古代オリエント(アジア的生産様式)
  • 古代ギリシャ・ローマ(古典古代的生産様式)
  • 中世西ヨーロッパ(封建的生産様式))
  • 第3部 近代資本主義社会への移行過程(資本主義経済の萌芽
  • 絶対主義と市民革命
  • 資本の本源的蓄積)
  • 第4部 資本主義経済の確立と変容(小営業とマニュファクチュア
  • 産業革命とその古典的展開
  • 資本主義世界体制の成立
  • 帝国主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済史をやさしく学ぶ = Easy Learning of Economic History
著作者等 石川 治夫
書名ヨミ ケイザイシ オ ヤサシク マナブ
書名別名 Easy Learning of Economic History
出版元 中央経済社
刊行年月 2013.3
ページ数 212p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-47470-5
NCID BB12186199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22217315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想