言語の創発と身体性 : 山梨正明教授退官記念論文集

児玉一宏, 小山哲春 編

[目次]

  • 1 音韻・形態・語研究と言語類型(絵本に見られる移動表現-言語習得との関連で
  • 形容詞「きつい」の多義構造 ほか)
  • 2 文法研究と談話(V‐マセンからV‐ナイデスへの変化要因に関する一考察
  • 助数詞の単位的性質に関する認知言語学的考察 ほか)
  • 3 構文研究と談話(名詞修飾節による「語り」の終結-「みたいな」「っていう」の表現性と談話機能
  • 日本語の構文選択-文脈から読み取る動機付け ほか)
  • 4 言語教育研究とコミュニケーション論(日本語学習者における助数詞の習得について-コーパス解析に基づくアプローチ
  • 日本語教育とコミュニケーション ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語の創発と身体性 : 山梨正明教授退官記念論文集
著作者等 児玉 一宏
小山 哲春
山梨 正明
書名ヨミ ゲンゴ ノ ソウハツ ト シンタイセイ : ヤマナシ マサアキ キョウジュ タイカン キネン ロンブンシュウ
書名別名 Gengo no sohatsu to shintaisei
シリーズ名 ひつじ研究叢書 言語編第108巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2013.3
ページ数 699p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89476-631-0
NCID BB12183044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22259051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
COME/GOの直示情報と選択システム 澤田淳
ItアマルガムとThereアマルガムの共通特性 髙木勇
V−マセンからV−ナイデスへの変化要因に関する一考察 尾谷昌則
Yes and noに類する認知メカニズムと対比の全体性について 有光奈美
「テシマウ」構文における話者の感情・評価的意味について 張又華
「日本語」における「形容詞」と「主体化」 中野研一郎
アカデミックライティング指導における議論の展開と認知言語学についての一考察 金丸敏幸
イメージスキーマを用いた日本語接辞に関する認知言語学的分析 久保圭
オクシモロンにおける矛盾の解決について 伊藤薫
オンライン文法と英語教育の接点 児玉 一宏
クラスタリング手法による物体形状記述と人間の印象判定 黒澤義明
ニ使役/ヲ使役選択の制約に関する一考察 出口雅也
モダリティ、発話行為、丁寧表現に関わる連体修飾節の認知言語学的分析 神澤克徳
不変化詞の完了用法の参与者指向性について 大谷直輝
助数詞の単位的性質に関する認知言語学的考察 濱野寛子
名詞修飾節による「語り」の終結 甲田直美
固定を表す他動詞の空間的特徴に関する考察 安在珉
学問と人生 山梨正明
対話における発話の創発 﨑田智子
形容詞「きつい」の多義構造 仲本康一郎
慣習化による類似表現の抑制と創発 土屋智行
指示詞における「対立型」「融合型」とは何か 小川典子
接頭辞over-の「超過」の意味に関する一考察 鬼頭修
文法研究とグローバルな文脈 横森大輔
日本人英語学習者の構文のパターンとその変化 木原恵美子
日本語の構文選択 永田由香
日本語学習者における助数詞の習得について 李在鎬
日本語教育とコミュニケーション 高水徹
日本語時制形式の意味 山本雅子
時間の上位概念と時間の特性 碓井智子
時間・空間表現の語彙分類について 寺﨑知之
照応指示の認知プロセス 金杉高雄
照応現象と限定詞 木本幸憲
特異的焦点構造の二側面と換喩的イメージの二つのタイプ 小松原哲太
社会的実践に見たブレンディングの連鎖とメタファーの展開 呂佳蓉
絵本に見られる移動表現 深田智
英語の数量を表す語句に関する一考察 年岡智見
英語複合名詞についての認知文法的分析 中馬隼人
表現主義の語彙学習 安原和也
言語音に関する一考察 奥垣内健
記号の線状性と同時性 菅井紫野
近称指示詞の時間表現とカレンダー用法 田口慎也
非協調的コミュニケーションとしてのCovert Evasion 小山 哲春
類義語の使い分けとその認知的基盤 金光成
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想