ロボットと〈日本〉 = Robots and Japan : 近現代文学、戦後マンガにおける人工的身体の表象分析

山田夏樹 著

手塚治虫、横山光輝、梶原一輝、藤子不二雄、中上健二、村上龍、村上春樹など戦後日本を代表する漫画家、作家による作品を取り上げ、ロボットとサイボーグなどの人工的身体の表象分析を通じて、進展していくテクノロジー環境のなかで、身体感覚がどのように変容しているのかを読み解く。マンガにおいては、登場人物がどのように性、死、内面、成長などの身体性をもちうるのか否かを、また作家においては、"偽史"という"物語"にどう対応していったかを中心に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "大きな物語"と人工的身体-"記号の身体"/"生身の身体"の流動性("生身の身体"の前景化の過程-手塚治虫、横山光輝、梶原一騎
  • "記号の身体"の顕在化-藤子不二雄A、藤子・F・不二雄)
  • 第2部 "偽史"と人工的身体-アメリカ、アジアの中の"日本"("偽史"の創出とその戯画化-中上健次、村上龍
  • "サブカルチャー的想像力"とその臨界-村上春樹
  • 編集される記憶と「家族の物語」-小川洋子「博士の愛した数式」におけるサイボーグ的表象)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロボットと〈日本〉 = Robots and Japan : 近現代文学、戦後マンガにおける人工的身体の表象分析
著作者等 山田 夏樹
書名ヨミ ロボット ト ニホン : キンゲンダイ ブンガク センゴ マンガ ニ オケル ジンコウテキ シンタイ ノ ヒョウショウ ブンセキ
書名別名 Robots and Japan
出版元 立教大学出版会 : 有斐閣
刊行年月 2013.3
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-901988-23-0
NCID BB12179422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想