日本中世境界史論

村井章介 著

[目次]

  • 第1部 日本中世の国家と境界(王土王民思想と九世紀の転換
  • 外浜と鬼界島-中世国家の境界 ほか)
  • 第2部 海域社会と境界人(倭寇とはだれか-一四‐一五世紀の朝鮮半島を中心に
  • 倭寇の多民族性をめぐって ほか)
  • 第3部 境界を往来するモノ(中世倭人と日本銀
  • 鉄砲伝来再考 ほか)
  • 第4部 境界と中心の古琉球(東南アジアのなかの古琉球-『歴代宝案』第一集の射程
  • 中世日本と古琉球のはざま ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本中世境界史論
著作者等 村井 章介
書名ヨミ ニホン チュウセイ キョウカイシロン
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.3
ページ数 406,12p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-024295-0
NCID BB12163987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22230326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想