一陽来復 : 中国古典に四季を味わう

井波律子 著

「年年歳歳 花相い似たり、歳歳年年 人同じからず」と唐詩に歌われるように、自然は再生をくりかえすが、人は成長し、また老いていく。心躍る旬の食べ物に、懐かしい両親との思い出、ベランダの花木との対話。ゆるやかな日常と、漢詩や中国古典文学の印象的な場面が交差する、ぬくもりあるエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 四季おりおり-詩のある日々(清明節 幽明境を越えて交感
  • 再生の春のために
  • 降誕会とやすらい祭
  • 「生の達人」蘇東坡をめぐって
  • 端午の節句の伝説と記憶 ほか)
  • 第2部 今のこと、昔のこと-身辺の記(酒は量無し
  • 地図の話
  • 後生畏る可し
  • 時計をめぐって
  • 気分転換 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一陽来復 : 中国古典に四季を味わう
著作者等 井波 律子
書名ヨミ イチヨウ ライフク : チュウゴク コテン ニ シキ オ アジワウ
書名別名 Ichiyo raifuku
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.3
ページ数 167p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022199-3
NCID BB12156981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22230174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想