被爆者調査を読む : ヒロシマ・ナガサキの継承

浜日出夫, 有末賢, 竹村英樹 編著

戦後行われた数多くの被爆者調査。それは、原爆被害を表す資料であり、戦後社会調査史の史料でもある。被爆者の高齢化と、調査に携わってきた研究者の高齢化が同時に進むいま、歴史に埋もれ忘れ去られたこれらの調査を読みなおし、被爆者調査の、ひいては被爆体験の世代間継承に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後被爆者調査の社会調査史
  • 第2章 中鉢正美「生活構造論」の展開と二つの「被爆者生活史調査」
  • 第3章 「長崎」をめぐる記憶の回路-「企業と原爆」調査の検討を中心に
  • 第4章 爆心地復元調査が描いたコミュニティ-湯崎稔と集団参与評価法
  • 第5章 慰霊行為としての原爆被災復元調査-長崎市民・行政による爆心地復元調査活動のはじまりとその展開
  • 第6章 原爆問題と被爆者の人生に関する研究の可能性-R.J.リフトンのヒロシマ研究とそれに対するさまざまな反応をめぐって
  • 第7章 広島修道大学「被爆体験」調査における「生者と死者」-死者と向き合う二つのあり方
  • 第8章 被爆体験をめぐる調査表現とポジショナリティ-なんのために、どのように表現するのか
  • 結びにかえて 「われわれはすべてヒロシマの生存者である」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被爆者調査を読む : ヒロシマ・ナガサキの継承
著作者等 有末 賢
浜 日出夫
竹村 英樹
書名ヨミ ヒバクシャ チョウサ オ ヨム : ヒロシマ ナガサキ ノ ケイショウ
書名別名 Hibakusha chosa o yomu
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.3
ページ数 299p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1956-6
NCID BB12151412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想