ミッキーの書式 : 戦後まんがの戦時下起源

大塚英志 著

世界に誇る日本のまんがやアニメーションは、手塚治虫の手法で語られることが多い。だが、前史を丹念に追っていくと、その起源は一九三一〜四五年の十五年戦争期にあった。当時、まんがやアニメーションがプロパガンダの一端を担っていく中で、ディズニーのアニメと、エイゼンシュテインをはじめとするロシアアヴァンギャルドが奇妙な邂逅をみたのだ。両者の統合によって生まれ、洗練された美学が手塚らに影響を与え、現在のジブリへとつながっていく。日本まんが史の再構築を促す画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ディズニーとアヴァンギャルドの野合-外国の人々に向けた日本まんがアニメ史
  • 第1章 「ミッキーの書式」とまんが記号説(まんが記号説の起源と「略画式」的思考の近代的書き換え
  • 『正チャンの冒険』とキャラクターの固有性の発生 ほか)
  • 第2章 「科学」という統制と映像的手法の発生(「科学」と児童読物統制
  • 小熊秀雄という問題 ほか)
  • 第3章 「文化映画」としての『桃太郎海の神兵』-今村太平の批評を手懸りとして(「文化映画」とは何か
  • 「文化映画」に於けるストーリーの排除 ほか)
  • 補論 「戦争画」という問題-戦時下のアニメーション、まんがとの対比で(残虐さという問題
  • 「ごっこ」と残虐さ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミッキーの書式 : 戦後まんがの戦時下起源
著作者等 大塚 英志
書名ヨミ ミッキー ノ ショシキ : センゴ マンガ ノ センジカ キゲン
書名別名 Mikki no shoshiki
シリーズ名 角川叢書 53
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2013.3
ページ数 321p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-702153-2
NCID BB12143684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22226473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想