カリタスとアモール : 隣人愛と自己愛

椎名重明 著

[目次]

  • 1 アガペーとカリタス(アガペーとエロース-或いはカリタスとアモール
  • Love・Liebeの二義性
  • 自己愛の二面性)
  • 2 親鸞とルター(親鸞とルターの絶対他力思想
  • 還相の菩薩・衆生利益
  • 「悪人正義」説と善鸞「義絶」
  • ルターと親鸞の善き業
  • 隣人愛と宗教的寛容)
  • 3 カリタス思想の伏流(夏目漱石の「憐れ」、三木清の「慈悲」
  • 蘆花とロランのトルストイ
  • 大塚久雄の"資本主義の精神"論)
  • 4 ニーチェの「隣人愛」観(「反キリスト者」ニーチェ
  • ニーチェのキリスト教的隣人愛批判
  • ニーチェの「強者」とルター
  • ニーチェの「運命への愛」)
  • 5 自己愛・友愛・隣人愛-結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カリタスとアモール : 隣人愛と自己愛
著作者等 椎名 重明
書名ヨミ カリタス ト アモール : リンジンアイ ト ジコアイ
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2013.3
ページ数 257,8p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-275-01020-9
NCID BB1214177X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22258520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想