事故防止のための社会安全学 : 防災と被害軽減に繋げる分析と提言

関西大学社会安全学部 編

日本では、年間約4万人の人々が不慮の事故で命を落としている。これまで、事故の分析や防止施策は、主として、安全工学など工学的にアプローチされてきたが、事故の防止と被害の軽減のためには、多面的な専門分野からの学際融合的なアプローチが必要である。本書は、学際融合的アプローチと実践的・政策的アプローチを統合して課題に対峙した、画期的一書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 事故の分析(現代日本社会と「事故」の意味
  • 事故と責任に関する考察
  • 群集の事故と安全
  • リスク解析のための数理モデル
  • 労働災害と事故防止)
  • 第2部 事故の現状(原発事故と技術者の社会的責任
  • ヒューマンエラーと事故
  • 情報漏洩の事例から考えるセキュリティ対策
  • 食品時事件・事故と食品安全システム
  • 事故の社会心理)
  • 第3部 事故の防止(事故調査制度-運輸事故調査を中心に
  • 火災と消防システム
  • もう一つの安全神話の崩壊-地震時の新幹線の最悪の被災シナリオ
  • 事故と損害保険
  • 英国の事故防止教育に学ぶ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 事故防止のための社会安全学 : 防災と被害軽減に繋げる分析と提言
著作者等 関西大学社会安全学部
書名ヨミ ジコ ボウシ ノ タメ ノ シャカイ アンゼンガク : ボウサイ ト ヒガイ ケイゲン ニ ツナゲル ブンセキ ト テイゲン
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.3
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06568-4
NCID BB12138764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22219234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想