アダム・スミスの近代性の根源 : 市場はなぜ見出されたのか

野原慎司 著

[目次]

  • 第1章 十七世紀末イングランド常備軍論争-商業と国制
  • 第2章 帝国と自治の関係をめぐって-チャールズ・ダヴナントの北アメリカ植民地論を中心に
  • 第3章 統治学と商業の精神
  • 第4章 分業と位階秩序と権力の連関をめぐって
  • 第5章 初期近代における利己心論の系譜
  • 第6章 政治社会と個人の葛藤-自由の基礎をめぐって
  • 第7章 一七四〇年代の自然観の転換-自然誌・言語・分業
  • 第8章 十八世紀中葉における文明社会史観の諸相-チュルゴ、ミラボー、スミス
  • 第9章 アダム・スミスによる経済主体の発見
  • 終章 アダム・スミスにおける経済と統治-結語に代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アダム・スミスの近代性の根源 : 市場はなぜ見出されたのか
著作者等 野原 慎司
書名ヨミ アダム スミス ノ キンダイセイ ノ コンゲン : シジョウ ワ ナゼ ミイダサレタ ノカ
シリーズ名 プリミエ・コレクション 27
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2013.3
ページ数 356p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-263-9
NCID BB12128647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22219667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想