原子力と冷戦 : 日本とアジアの原発導入

加藤哲郎, 井川充雄 編

その威力と残酷さにおののきながらも、世界中が「原子力」に夢を抱いた20世紀。原水爆禁止の国民運動と「平和利用への熱狂」はなぜ同時並行で出発し長く共存したのか?21世紀に入って原発開発の中心はアジアへと移動し、「フクシマの悲劇」にもかかわらず日本主導の「原発ブーム」が続いている。日本とアジアへの原発導入を、東西冷戦の歴史的文脈の中で、第一次資料・現地資料を用いて実証的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の原発導入と冷戦の歴史的文脈(日本における「原子力の平和利用」の出発-原発導入期における中曽根康弘の攻略と役割
  • アイゼンハワー政権期におけるアメリカ民間企業の原子力発電事業への参入
  • 戦後日本の原子力に関する世論調査
  • 広島における「平和」理念の形成と「平和利用」の是認
  • 封印されたビキニ水爆被災)
  • 第2部 原発導入とアジアの冷戦(ソ連版「平和のための原子」の展開と「東側」諸国、そして中国
  • 南北朝鮮の原子力開発-分断と冷戦のあいだで
  • フィリピンの原子力発電所構想と米比関係-ホワイト・エレファントの創造
  • 冷戦下インドの核政策-「第三の道」の理想と現実)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力と冷戦 : 日本とアジアの原発導入
著作者等 井川 充雄
加藤 哲郎
書名ヨミ ゲンシリョク ト レイセン : ニホン ト アジア ノ ゲンパツ ドウニュウ
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2013.3
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7634-0659-0
NCID BB1212107X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22225569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想