「時代診断」の社会学 : 理論と応用

金子勇 著

現代社会学の刷新を願い、観察、調査、収集した事実と、既存の理論、学説とを融合し、マンハイムの「時代診断」思想を復活させた。本書では、日本社会の根幹にある社会問題として、都市化とコミュニティ、小家族化と粉末社会、高齢化と医療介護、少子化と児童虐待、自然エネルギーと環境問題などを取り上げ、質的方法と量的分析により政策科学的に「診断」した。前半の「理論と方法」、後半の「応用と実践」を通して、具体的で精確な「時代診断」の方法を分かりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会診断の理論と方法(時代診断の比較社会学
  • マクロ社会学
  • 人間関係と家族の問題
  • 量的調査と質的分析)
  • 第2部 社会診断の応用と実践(高齢社会の医療費問題と介護福祉
  • 少子社会の現状と児童虐待問題
  • 災害からの復興と環境研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「時代診断」の社会学 : 理論と応用
著作者等 金子 勇
書名ヨミ ジダイ シンダン ノ シャカイガク : リロン ト オウヨウ
書名別名 Jidai shindan no shakaigaku
シリーズ名 MINERVA社会学叢書 39
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.3
ページ数 260,23p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06586-8
NCID BB12119318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想