韓国経済発展への経路 : 解放・戦争・復興

原朗, 宣在源 編著

植民地解放後の韓国が、米軍占領統治から朝鮮戦争による破壊と再編を経て、いかに経済発展の基盤を築いたか。今後注目される本格的経済成長直前期の韓国経済について、韓国学界の最新成果を集成して紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 離陸直前の加速
  • 第1部 市場と政府(体制変化
  • 産業育成政策
  • 対外貿易)
  • 第2部 資本と技術(金融制度と金融市場-フォーマルとインフォーマルの二重金融構造の視点から
  • 人的資源と技術革新)
  • 第3部 市場と企業(綿紡織業
  • 計画造船と大韓造船公社
  • 石炭市場と大韓石炭公社-競争構造の形成と経営安定化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国経済発展への経路 : 解放・戦争・復興
著作者等 原 朗
宣 在源
書名ヨミ カンコク ケイザイ ハッテン エノ ケイロ : カイホウ センソウ フッコウ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2013.3
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2259-7
NCID BB1211844X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22233770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想