ヒッグス粒子とはなにか : 素粒子物理とヒッグス粒子の世界を追う

ハインツ・ホライス, 矢沢潔 著

2012年7月4日、世界中を驚かせたヒッグス粒子発見のトップニュース。物質や宇宙の起源が見えてくると期待されているこの粒子発見には、湯川、南部、小柴、小林、益川らノーベル物理学賞を受賞した日本人科学者らも重要な貢献をしている。そこで本書は、ヒッグス粒子発見までの歴史を追いながら、ヒッグス粒子と素粒子物理の世界について写真や図を使いわかりやすく解説していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヒッグス粒子は本当に発見されたか?
  • 第1章 ヒッグス粒子とはなにか?
  • 第2章 どうやってヒッグス粒子を見つけるか?
  • 第3章 "湯川粒子"からヒッグス粒子への道のり
  • 第4章 世界最大の加速器LHCを見る
  • 第5章 ヒッグス粒子を超えて
  • 第6章 素粒子物理と宇宙論は表裏一体
  • 第7章 未解決の問題
  • 追補 素粒子用語の読み物的解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒッグス粒子とはなにか : 素粒子物理とヒッグス粒子の世界を追う
著作者等 Horeis, Heinz
矢沢 潔
ホライス ハインツ
書名ヨミ ヒッグス リュウシ トワ ナニカ : ソリュウシ ブツリ ト ヒッグス リュウシ ノ セカイ オ オウ
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-269
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2013.2
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-7167-3
NCID BB12107884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22206703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想