大都会に息づく照葉樹の森 : 自然教育園の生物多様性と環境

濱尾章二, 松浦啓一 編

関東平野本来の自然である常緑広葉樹の森。その姿を今日に残す国立科学博物館附属自然教育園に生息する動植物や菌類の多様性、そして無機的環境を説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 森をつくる植物(自然教育園の植生と植物相
  • 動いている自然教育園の森 ほか)
  • 2 森の動物たち(自然教育園に現れた133種の鳥
  • 自然教育園の鱗翅類昆虫 ほか)
  • 3 土の中の動物たち(土壌動物全般
  • ササラダニ類 ほか)
  • 4 森が生み出す豊かさ(ヒートアイランド現象と森のクールアイランド効果
  • 自然教育園の水 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大都会に息づく照葉樹の森 : 自然教育園の生物多様性と環境
著作者等 松浦 啓一
濱尾 章二
書名ヨミ ダイトカイ ニ イキズク ショウヨウジュ ノ モリ : シゼン キョウイクエン ノ セイブツ タヨウセイ ト カンキョウ
シリーズ名 国立科学博物館叢書 14
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2013.3
ページ数 22,157p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-486-01974-9
NCID BB1208878X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想