ヨーロッパ統合正当化の論理 : 「アメリカ」と「移民」が果たした役割

塚田鉄也 著

国民国家とは異なる新しい開かれた政治共同体のモデルとされるEU。その背景には、欧州統合は二度の世界大戦への反省に基づいて内発的に進められてきた、との想定があった。本書では、欧州統合を正当化する言説の中で、「アメリカ」や「移民」という他者が重要な役割を果たしたことを解明し、欧州統合の論理を理解するうえで内発的統合史観が抱える問題と、開かれた共同体というイメージの困難性を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヨーロッパのの構築と国際関係論(悲観論と楽観論
  • 統合の論理)
  • 第1章 開かれた共同体としてのヨーロッパ(国民国家とヨーロッパ
  • ヨーロッパ構築の「内発性」 ほか)
  • 第2章 ヨーロッパの構築とアメリカ(仏独和解の記号学
  • 台頭するアメリカと衰退するヨーロッパ ほか)
  • 第3章 ヨーロッパの構築と移民・難民(安全保障化論
  • 移民の安全保障化 ほか)
  • 終章 ヨーロッパのジレンマ(開かれた共同体の困難性
  • 閉ざされた共同体の困難性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ統合正当化の論理 : 「アメリカ」と「移民」が果たした役割
著作者等 塚田 鉄也
書名ヨミ ヨーロッパ トウゴウ セイトウカ ノ ロンリ : アメリカ ト イミン ガ ハタシタ ヤクワリ
シリーズ名 国際政治・日本外交叢書 15
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.3
ページ数 201,33p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06587-5
NCID BB12078684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22218839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想