東アジア新世紀 : リゾーム型システムの生成

河森正人 著

アジア通貨危機とリーマンショックをへて目覚ましい経済発展をみせる東アジア。この地域の新興国は今後どこへ行くのか。各国が直面する生産と消費、生存とリスクの諸問題を考察しつつ、「課題先進国」日本の立ち位置を再検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代東アジアを読み解く
  • 1 生産と消費(東アジア生産ネットワークの変容
  • 産業クラスターの形成
  • 消費市場としての東アジア
  • 消費生活の諸相)
  • 2 生存とリスク(東アジアの格差問題
  • 格差を乗り越える
  • 東アジアの高齢化問題-東アジア高齢化問題への視点
  • 東アジアの環境問題とグリーン経済化
  • 東アジアのHIV/エイズ問題
  • 人間の安全保障と東アジア
  • 東アジアにおける「課題先進国」日本の立ち位置)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア新世紀 : リゾーム型システムの生成
著作者等 河森 正人
書名ヨミ ヒガシアジア シンセイキ : リゾームガタ システム ノ セイセイ
シリーズ名 阪大リーブル 41
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2013.3
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87259-323-5
NCID BB12078130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22371279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想