近世出版の板木研究

金子貴昭 著

印刷の道具でもあり、板株(版権)そのものでもあった板木-。その基本構造から当時の出版事情まで。板木や板本、出版記録を照合し、近世出版機構における根本装置としての板木の機能と役割を論じる、初めての「板木書誌学」の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究資源としての板木
  • 第1章 板木活用の意義と実践
  • 第2章 板本の板木-その基本的構造
  • 第3章 板本に表れる板木の構成-紙質・匡郭
  • 第4章 出版記録から読み取れるもの-竹苞書楼の出版記録
  • 第5章 近世出版における板木の役割-摺刷以外の板木の機能
  • 第6章 池大雅『賞奇軒墨竹譜』の板木-初版から現在までを辿る
  • 第7章 高野版の板木-奈良大学博物館所蔵板木を中心に
  • 第8章 藤井文政堂所蔵享保十七年版「十巻章」の板木-袋綴じと粘葉装
  • 終章 課題と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世出版の板木研究
著作者等 金子 貴昭
書名ヨミ キンセイ シュッパン ノ ハンギ ケンキュウ
出版元 法藏館
刊行年月 2013.2
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8318-6223-5
NCID BB12077127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22357626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想