後鳥羽院

丸谷才一 著

承久の変後、孤絶と憂悶の慰めを日々歌に託し、失意の後半生を隠岐に生きた後鳥羽院。同時代の歌人・藤原定家が最初の近代詩人となることによって実は中世を探していたのに対し、後鳥羽院は最後の古代詩人となることによって近代を超えた-歌人であるうえに『新古今和歌集』で批評家としての偉大さも示す後鳥羽院を、自ら作家でもあり批評家でもある著者が論じた秀抜な日本文学史論。宮廷文化="詩の場"を救うことを夢みた天皇歌人のすがたに迫る。1973年度に読売文学賞を受賞した第一版に三篇を加え、巻末に後鳥羽院年譜と詳細な和歌索引を付した増補決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(歌人としての後鳥羽院
  • へにける年
  • 宮廷文化と政治と文学)
  • 2(しぐれの雲
  • 隠岐を夢みる
  • 王朝和歌とモダニズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後鳥羽院
著作者等 丸谷 才一
岡野 弘彦
書名ヨミ ゴトバノイン
シリーズ名 ちくま学芸文庫 マ37-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.3
版表示 第2版.
ページ数 462p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09532-9
NCID BB1207200X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22229206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想