東アジアのなかの琉球と薩摩藩

紙屋敦之 著

[目次]

  • 第1部 古琉球と薩摩(琉球国家の成立
  • 中山政権と薩摩
  • 紋船一件の再検討
  • 七島・七島衆と東アジア海域)
  • 第2部 近世琉球と薩摩藩(薩摩と琉球-琉球の主体性を考える
  • 徳川家康と尚寧王の対面に関する一史料
  • 薩摩藩の琉球支配と中国情報
  • 中山王から琉球国司へ、そして中山王へ
  • 幕藩制国家と琉球国家)
  • 第3部 琉球の論理(東アジアのなかの琉球
  • 琉球の慶賀使について
  • 江戸立の旅役所について
  • 北京の琉球使節
  • 近世の南西境界史
  • 琉球の中国への進貢と対日関係の隠蔽
  • 王国末期首里王府の異国人対応と薩摩藩)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアのなかの琉球と薩摩藩
著作者等 紙屋 敦之
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ナカ ノ リュウキュウ ト サツマハン
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2013.3
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7517-4440-6
NCID BB12068363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22267739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想