役たたず、

石田千 著

だいじなことは、役にたたない。そして一見、役にたっているようにみえるものも、ひと皮むけば役たたず。役にたつことばかりしていると、暮らしも人も、痩せていく-。古風な下町感覚の文章を書きファンの多いエッセイストで、ここ最近は小説家としても頭角を現している石田千が、日常のなかで綴った「役たたず」の視点からの風景。二年あまりにわたる連載の途中では、大震災が起き、そのときの空気感も文章としてリアルに切り取られている。相撲好き、競馬好き、ビール好きの「町内一のへそまげちゃん」が、だいじにしたいもの。へなちょこまじめ日常記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 やちゃくちゃない日々(三段めの混沌
  • 忘れて候
  • オスの乳首、メスのほくろ ほか)
  • 2 手足、ぶらぶら(夏の日記
  • おはらい箱と、たからの山
  • 絵ごころ文ごころ ほか)
  • 3 役に座す(またたきと松明
  • あのひと
  • さよならポンプ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 役たたず、
著作者等 石田 千
書名ヨミ ヤクタタズ
書名別名 Yakutatazu
シリーズ名 光文社新書 631
出版元 光文社
刊行年月 2013.3
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03734-5
NCID BB12066448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22219303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想