3・11とメディア

山田健太 著

新聞・テレビなど従来のマスメディアの役割を、個の集合体であるネットメディアはどこまで担えるか。2011年3月11日以来、二つのメディアはどのように融合し進化したのか。政府とメディアの危険な関係を論じ、来たるべき"希望のメディア"を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 紙面の見方-いま何が伝えられ、伝えられていないのか
  • 第1部 震災報道の何が問題なのか(遮断された情報アクセス
  • 伝統メディアの果たした役割-初期報道を検証する
  • 新興メディアは何を担ったか
  • ジャーナリズムを検証する)
  • 第2部 政治とメディア(政府広報の壁を超えるために
  • 公文書を市民の手に
  • 緊急事態という強権)
  • 希望の公共メディア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3・11とメディア
著作者等 山田 健太
書名ヨミ 3 ・ 11 ト メディア : テッテイ ケンショウ シンブン ・ テレビ ・ web ワ ナニ オ ドウ ツタエタカ
書名別名 徹底検証新聞・テレビ・webは何をどう伝えたか

3 ・ 11 to media
出版元 トランスビュー
刊行年月 2013.3
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7987-0134-9
NCID BB1206565X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22211450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想