メディア文化論 = media & culture

遠藤英樹, 松本健太郎, 江藤茂博 編著

メディアが多様なかたちで発達を遂げた今日、私たちをとりまく文化はどのような変容を遂げつつあるのか?文化という意味の網を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 メディア表象のメカニズム(マンガの「政治的無意識」-身体性を伴う「移動」の反転像
  • 貨幣というメディア-その機能と両義性
  • テレビゲームが表象する死-インターフェイスが接続/切断するもの
  • 恋愛と旅の機能的等価性-「虚構の時代の果て」における聖なる天蓋)
  • 第2部 メディア表象と歴史(メディアの歴史と文化-「言語」と「空間」の変容を中心に
  • パワースポットの想像力と変容-メディア・ツーリズム研究の可能性
  • 歴史を物語る-メディアの中で過去に生きた人物が動き出す
  • 共鳴する身体と音-喜劇映画の「笑い」を増幅する音響効果)
  • 第3部 メディア表象とアイデンティティ(映画と意味-『インド夜想曲』における記号解釈の多元性をめぐって
  • メディアを横断する少女-『時をかける少女』のメディアミックス
  • トライブ化するサブカルチャー-島宇宙化するポストモダン
  • メディアが「地域」を創る時代-コミュニティFMが創造する場)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディア文化論 = media & culture
著作者等 松本 健太郎
江藤 茂博
遠藤 英樹
書名ヨミ メディア ブンカロン
書名別名 media & culture

Media bunkaron
シリーズ名 〈シリーズ〉メディアの未来 2
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2013.3
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7795-0614-7
NCID BB12059726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22224501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想