「ひきこもり」考

河合俊雄, 内田由紀子 編

なぜ、日本の多くの若者たちは社会との関係を断ち自らの殻に閉じこもるようになってしまったのか?文化・社会心理学と臨床心理学の第一人者たちが、日本の「ひきこもり」のもつ複雑な背景・要因について多角的な視点から論じ、その実情に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ひきこもり-現代日本社会の"行きづまり"を読み解く
  • 第2章 自己矛盾のメンタリティー-ひきこもりの文化心理学
  • 第3章 ひきこもりと日本社会のこころ
  • 第4章 「ひきこもり」と学習
  • 第5章 日本における若者の病理の変化-ひきこもりと行動化
  • 第6章 臨床現場から見る「ひきこもり」
  • 第7章 ひきこもり考-三氏(ジーレンジガー・北山・河合)の議論へのコメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ひきこもり」考
著作者等 内田 由紀子
河合 俊雄
書名ヨミ ヒキコモリコウ
シリーズ名 こころの未来選書
出版元 創元社
刊行年月 2013.3
ページ数 180p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-11225-1
NCID BB12056830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22240467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想