知的財産法入門 = INTRODUCTION TO INTELLECTUAL PROPERTY LAW THEORY AND PRACTICE

土肥一史 著

平成24年著作権法改正、視聴覚的実演に関するWIPO北京条約、第13版以降の重要判例など知的財産に関する法制度について全領域を平易に解説する。知的財産法をはじめて学ぶ入門書としても、また、専門家が手元に置く書としても、有益な一冊となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知的財産法の概要
  • 1 市場の秩序維持法(不正競争防止法
  • 商標法)
  • 2 産業上の創作保護法(意匠法
  • 特許法
  • 実用新案法)
  • 3 学術文化的な創作保護制度(著作権法)
  • 4 知的財産法をめぐる国際的状況(国際的知的財産法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知的財産法入門 = INTRODUCTION TO INTELLECTUAL PROPERTY LAW THEORY AND PRACTICE
著作者等 土肥 一史
書名ヨミ チテキ ザイサンホウ ニュウモン
書名別名 INTRODUCTION TO INTELLECTUAL PROPERTY LAW THEORY AND PRACTICE
出版元 中央経済社
刊行年月 2013.3
版表示 第14版.
ページ数 389p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-06700-6
NCID BB12052421
BB12280572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22220413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想