情報のマテリアリズム = For an Information Materialism

藤本一勇 著

リオタール、ウィーナー、レッシグ、見田宗介、西垣通らをはじめとする様々な情報論の分析から、情報をめぐる言説システムが自らの内にはらみつつも抑圧している、マテリアルなものを浮かび上がらせる。情報論の脱構築。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報イデアリズム(「大きな物語」というポスト・モダンの大きな物語
  • 情報社会の進展 ほか)
  • 第2章 物質へ反転する情報(ユビキタス社会
  • 新しい従属主体化 ほか)
  • 第3章 サイバネティクス-通信制御の生命論(内生的な制御理論
  • フィードバック機構 ほか)
  • 第4章 「基礎情報学」を超えて(情報の階層的生成
  • アリストテレス-生命論的イデア論 ほか)
  • 終章 潜勢的なマテリアルな主体のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報のマテリアリズム = For an Information Materialism
著作者等 藤本 一勇
書名ヨミ ジョウホウ ノ マテリアリズム
書名別名 For an Information Materialism
出版元 NTT
刊行年月 2013.3
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-0331-3
NCID BB12040681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22215244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想