アメリカ黒人の歴史 : 奴隷貿易からオバマ大統領まで

上杉忍 著

黒人たちはアメリカ社会の底辺にいるとされてきた。だが、二〇世紀の後半、徐々に社会的上昇をとげ、中産階級の仲間入りをする者も現れた。政財界に進出した例も多く、文化や芸能、スポーツなどの分野でも活躍は目覚ましい。本書は、アメリカ独立以前から南北戦争、公民権運動を経て現代まで、差別にさらされながらも、境遇改善への努力を積み重ねてきた彼らの歩みを辿るものである。また、今なお残された諸問題も指摘する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 黒人奴隷制共和国アメリカ-一五〇二‐一八六〇年
  • 第2章 南北戦争から「どん底」の時代へ-一八六一‐一九二九年
  • 第3章 大恐慌・第二次大戦期の黒人-一九三〇‐一九四五年
  • 第4章 冷戦下の公民権運動-一九四六‐一九六五年
  • 第5章 脱人種「白人保守革命」の時代-一九六六‐一九九二年
  • 第6章 「分極化」と「多様化」の時代-一九九三年以降

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ黒人の歴史 : 奴隷貿易からオバマ大統領まで
著作者等 上杉 忍
書名ヨミ アメリカ コクジン ノ レキシ : ドレイ ボウエキ カラ オバマ ダイトウリョウ マデ
書名別名 Amerika kokujin no rekishi
シリーズ名 中公新書 2209
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.3
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102209-7
NCID BB12028460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22246378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想