戦後日本の医療・福祉制度の変容 : 病院から追い出される患者たち

山路克文 著

[目次]

  • 第1部 戦後日本の医療・福祉制度体系の特質(GHQの占領政策と医療・福祉の制度体系-「連続・非連続」の視点から
  • 高度経済成長の基盤整備としての社会保障制度体系-「国民皆保険」と医療保障
  • 高度経済成長後の行き詰まる社会保障-上がり続ける診療報酬、膨張する国民医療費)
  • 第2部 日本の医療から排除されていく人々(医療制度改革と「社会的入院」問題-今日の医療制度改革と医療法改正
  • 一九九〇年代の医療制度改革-診療報酬支払「出来高払い」から「包括払い」へ
  • 二〇〇〇年代の医療制度改革-「医療と介護の連携」)
  • 第3部 複雑化する今日の医療福祉実践(「機能分担と連携」下の医療福祉実践-「アルコール問題」を事例とする一般病院の医療ソーシャルワーク
  • 今日の医療制度改革と医療ソーシャルワーク機能の変容-いわゆる「業務指針」における「受診・受療援助」
  • 激変する医療環境と新たな医療福祉問題-入院医療から在宅医療へ、求められる「多職種連携」
  • 今日の医療福祉実践の課題-『地域包括支援センター』への期待と現実)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の医療・福祉制度の変容 : 病院から追い出される患者たち
著作者等 山路 克文
書名ヨミ センゴ ニホン ノ イリョウ フクシ セイド ノ ヘンヨウ : ビョウイン カラ オイダサレル カンジャタチ
出版元 法律文化社
刊行年月 2013.3
ページ数 236p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03487-8
NCID BB1202047X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22218861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想