なぜ「黒岩恭子の口腔ケア&口腔リハビリ」は食べられる口になるのか

北村清一郎 編著 ; 柿木隆介, 井上誠, 金尾顕郎, 黒岩恭子 著

口を動かすと、ヒトは甦る。誰にでもできる「術」が「学」に昇華。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黒岩恭子の口腔ケア&口腔リハビリ(「くるリーナブラシ」シリーズの特徴と口腔ケア&口腔リハビリ症例)
  • 2 座談会 なぜ「黒岩恭子の口腔ケア&口腔リハビリ」は食べられる口になるのか
  • 3 「黒岩恭子の口腔ケア&口腔リハビリ」を解剖する(嚥下の理解に必要な解剖学の知識-口腔機能の改善はなぜ嚥下機能の改善に繋がるのか
  • 生理学の視点からみる
  • 「咀嚼と脳機能」の視点からみる
  • 理学療法士の視点からみる)
  • 4 口腔ケアによる医療費抑制の現状(「連携専門的口腔ケア」の重要性-医療費抑制について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ「黒岩恭子の口腔ケア&口腔リハビリ」は食べられる口になるのか
著作者等 井上 誠
北村 清一郎
柿木 隆介
金尾 顕郎
黒岩 恭子
書名ヨミ ナゼ クロイワ キョウコ ノ コウコウ ケア アンド コウコウ リハビリ ワ タベラレル クチ ニ ナル ノカ
出版元 デンタルダイヤモンド社
刊行年月 2013.3
ページ数 92p
大きさ 28cm
ISBN 978-4-88510-268-4
NCID BB12020232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22334970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想