ユートピア学の再構築のために : 「リーマン・ショック」と「三・一一」を契機として

菊池理夫 著

[目次]

  • ユートピアの終焉と政治思想の未来
  • 第1部 ルネサンス・ユートピアの諸相(『ユートピア』のユートピア性
  • 『ユートピア』と『法律』
  • 死と政治-モアの『警句集』を中心にして
  • ユートピアと「新世界」
  • 『ニュー・アトランティス』とルネサンス・ユートピア
  • メティスの知-顧問官としてのベイコンの思想
  • 『テンペスト』あるいは操縦者の不安
  • 科学と政治-ベイコン主義の問題
  • ベイコンとヴィーコ-二人の「詩学」をめぐって)
  • 第2部 政治思想と現代のユートピア(レトリックとしての政治思想史
  • 政治概念の歴史的展開としてのユートピア
  • 未完としてのユートピア民主主義
  • ユートピアの終焉?-ユートピアの再定義に向けて
  • ポストモダンとユートピア
  • ユートピアニズムとコミュニタリアニズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユートピア学の再構築のために : 「リーマン・ショック」と「三・一一」を契機として
著作者等 菊池 理夫
書名ヨミ ユートピアガク ノ サイコウチク ノ タメニ : リーマン ショック ト サン イチイチ オ ケイキ ト シテ
書名別名 Yutopiagaku no saikochiku no tameni
シリーズ名 南山大学学術叢書
出版元 風行社
刊行年月 2013.2
ページ数 436,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86258-071-9
NCID BB12017158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22334239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想