N・SAS試験 : 日本のがん医療を変えた臨床試験の記録

小崎丈太郎 著

乳がん、大腸がん、胃がんの術後補助化学療法を科学にしたN・SAS試験は、こうして計画され、実施された。抗がん剤の臨床試験をめぐる医師、製薬会社、国のドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 新薬の開発とN・SAS試験(ソリブジン事件
  • 脳循環改善剤事件 さらにゆらぐ医薬品への信頼
  • 消化器症状を経口剤化で回避したUFT ほか)
  • 第2部 N・SAS試験が始まる(UFTに白羽の矢が立った理由
  • 品質管理から生物統計、そして臨床研究デザインへ
  • 「UFTが負けたらどうする」 ほか)
  • 第3部 N・SAS試験とは何であったのか?(検証 N・SAS試験の歴史的意義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 N・SAS試験 : 日本のがん医療を変えた臨床試験の記録
著作者等 小崎 丈太郎
書名ヨミ エヌ エスエーエス シケン : ニホン ノ ガンイリョウ オ カエタ リンショウ シケン ノ キロク
出版元 日経メディカル開発 : 日経BPマーケティング
刊行年月 2013.2
ページ数 179p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-931400-63-4
NCID BB12003346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22206849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想