藤原道長の日常生活

倉本一宏 著

平安貴族の過酷な政務とは?下級官人、女官たちの人心を掌握する術とは?物忌、穢、怪異、怨霊といかに向き合ったか?世界最古の自筆日記が語る権力者の知られざる実像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 道長と『御堂関白記』
  • 第1章 道長の感情表現
  • 第2章 道長の宮廷生活
  • 第3章 道長と家族
  • 第4章 道長の空間
  • 第5章 京都という町
  • 第6章 道長の精神世界
  • おわりに 道長の実像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原道長の日常生活
著作者等 倉本 一宏
書名ヨミ フジワラ ミチナガ ノ ニチジョウ セイカツ
書名別名 Fujiwara michinaga no nichijo seikatsu
シリーズ名 御堂関白記 2196
講談社現代新書 2196
出版元 講談社
刊行年月 2013.3
ページ数 285p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288196-8
NCID BB11973926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22219530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想