金日成

徐大粛 著 ; 林茂 訳

朝鮮民主主義人民共和国。その建国の父とされる金日成の生涯を跡付けた朝鮮研究の最重要古典。満州抗日戦争を戦った英雄は、ソ連の代理人として果てしない党内抗争をも勝ち抜いた。その粛清の歴史は西側・ソ連・中国の三方面を相手に立ち回る国家的苦悩に彩られていた。"北朝鮮"とはなにか?答えは金日成の歴史のなかにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 若き金日成と東北抗日連軍
  • 第2部 権力基盤の構築
  • 第3部 窮地に立つ金日成
  • 第4部 主体思想への道
  • 第5部 自主路線をひた走る金日成
  • 第6部 金日成王国の誕生
  • 第7部 主体思想と共和国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金日成
著作者等 徐 大粛
林 茂
書名ヨミ キム イルソン
書名別名 Kim Il Sung
シリーズ名 講談社学術文庫 2162
出版元 講談社
刊行年月 2013.3
ページ数 621p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292162-6
NCID BB11970600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22218182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想