思想としての「医学概論」 : いま「いのち」とどう向き合うか

高草木光一 編 ; 佐藤純一, 山口研一郎, 最首悟 執筆

先端医療技術の進歩は生命倫理上の難問を人類社会に突きつけ、高齢化の進む中で国民皆保険制度は崩壊に向かい、地域医療は行き詰まっている。この「いのち」の危機の時代に、医学・医療とは何だったのかを根源的に問い直し、現代社会の要請に応える新しい「医学概論」を構想すべく、4人の論者がそれぞれの立場と知見から医学・医療をめぐる問題群について縦横に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 澤瀉久敬『医学概論』と三・一一後の思想的課題(澤瀉久敬『医学概論』から三・一一後の『医学概論』へ
  • 三・一一後の世界と「近代」的思考の陥穽 ほか)
  • 近代医学・近代医療とは何か(「医学概論」小史-澤瀉久敬と中川米造まで
  • 人はなぜ、どのように治るのか ほか)
  • 医療現場の諸問題と日本社会の行方(先端医療がもたらす未来
  • 医療現場、戦時医学、医学概論-私の履歴書 ほか)
  • 「いのち」から医学・医療を考える(科学・医学・生物学・「いのち」学
  • 医学は「いのち」を救えるか ほか)
  • シンポジウム 「医学概論」の射程-一九六〇年代から三・一一後へ(東大闘争における最首悟と高橋晄正
  • インフォームド・コンセントのパラドックス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての「医学概論」 : いま「いのち」とどう向き合うか
著作者等 佐藤 純一
山口 研一郎
最首 悟
高草木 光一
書名ヨミ シソウ ト シテ ノ イガク ガイロン : イマ イノチ ト ドウ ムキアウカ
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.2
ページ数 391,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025878-4
NCID BB11969565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22218145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想