これでいいのか、日本のがん医療

中村祐輔 著

日本の基礎研究のレベルは高いのに、なぜ、それが新しい薬や治療法の開発に結びつかないのか?日本の医療を立て直すために、あえて日本を後にした遺伝医学の世界的権威が語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私の原点(米国留学を決断させた外科医時代の経験
  • ユタでの運命の出会い ほか)
  • 第2章 築地の壁(がんセンター研究所長に就任
  • 標準治療という名のマニュアル ほか)
  • 第3章 霞が関の谷間(オールジャパンの意気込みで
  • 錚々たるメンバー参集 ほか)
  • 第4章 世界初の新薬めざして(フランスの古都リヨンで
  • 十年の歳月をかけて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これでいいのか、日本のがん医療
著作者等 中村 祐輔
書名ヨミ コレ デ イイ ノカ ニホン ノ ガンイリョウ
書名別名 Kore de iinoka nihon no gan'iryo
出版元 新潮社
刊行年月 2013.2
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-333431-6
NCID BB11964288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22218840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想