日韓企業主義的雇用政策の分岐 : 権力資源動員論からみた労働組合の戦略

安周永 著

長期雇用、年功賃金制度、企業内職業訓練制度という日本と韓国の雇用慣行が崩れている。こうした雇用慣行の変化にあたって、どのような政策が実施されているのか。本書は、旧韓の雇用政策の変化を労働組合の在り方に求め、今後の日本の労働政治の方向性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本と韓国における雇用政策の相違とは
  • 第1章 分析枠組の設定
  • 第2章 政治経済的構造と経済政策の相違
  • 第3章 アクター間の対立と労働組合の戦略
  • 第4章 労働者派遣法の改正
  • 第5章 非正規労働者の差別禁止に関する法規制
  • 第6章 雇用保険法の改正
  • 第7章 外国人労働者政策の変化
  • 終章 新たな労働政治に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日韓企業主義的雇用政策の分岐 : 権力資源動員論からみた労働組合の戦略
著作者等 安 周永
書名ヨミ ニッカン キギョウ シュギテキ コヨウ セイサク ノ ブンキ : ケンリョク シゲン ドウインロン カラ ミタ ロウドウ クミアイ ノ センリャク
書名別名 Nikkan kigyo shugiteki koyo seisaku no bunki
シリーズ名 シリーズ・現代の福祉国家 12
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.3
ページ数 229,27p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06611-7
NCID BB11952609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22213736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想