理想だらけの戦時下日本

井上寿一 著

日中戦争中、格差の是正・政治への不信・共同体志向などが大衆の間に広がっていた。その様相はまさに現在の日本と重なる。そういったなか、戦争勝利へ向けて国民を一致団結させるために国民精神総動員運動が開始される。「日の丸を敬う」「節約した生活」「前線と心を共にする」など上からの国民運動が巻き起こった。果たしてこの運動は当時の国民の期待に沿うものだったのか。その実態はどのようなものだったのか。いままで見逃されてきた戦時下の日本社会を克明に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「体を鍛えよ」といわれても
  • 第2章 形から入る愛国
  • 第3章 戦前昭和のメディア戦略
  • 第4章 気分だけは戦争中
  • 第5章 節約生活で本当に国を守れるのか?
  • 第6章 戦争の大義はどこへいった?
  • 第7章 ファシズム国家になれなかった日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理想だらけの戦時下日本
著作者等 井上 寿一
書名ヨミ リソウダラケ ノ センジカ ニホン
書名別名 Risodarake no senjika nihon
シリーズ名 ちくま新書 1002
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.3
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06711-1
NCID BB11952595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22229862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想