再生可能エネルギーが社会を変える : 市民が起こしたドイツのエネルギー革命

千葉恒久 著

再生可能エネルギーへの転換は、政治、経済、そして社会の姿を大きく変える。ドイツのエネルギー革命はなぜ起きたのか?エネルギー政策をめぐる電力会社、政府、そして市民のダイナミックな動きを追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 再生可能エネルギーが社会を変える(再生可能エネルギー法はどう活用されているのか
  • 再生可能エネルギー法はなぜ生まれたのか
  • 再生可能エネルギー法はどんな法律か
  • 再生可能エネルギー法のいま)
  • 第2部 市民と自治体が変えて行くエネルギー政策(原発を拒否したドイツ社会
  • 脱石炭のための闘い
  • エネルギー供給事業の奪還を目指す自治体
  • 市民が決めるエネルギー転換への道-ハンブルグ市
  • エネルギー自治をめざす首都の市民-ベルリン市)
  • エネルギー転換とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 再生可能エネルギーが社会を変える : 市民が起こしたドイツのエネルギー革命
著作者等 千葉 恒久
書名ヨミ サイセイ カノウ エネルギー ガ シャカイ オ カエル : シミン ガ オコシタ ドイツ ノ エネルギー カクメイ
出版元 現代人文社 : 大学図書
刊行年月 2013.2
ページ数 243p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87798-536-3
NCID BB11943062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22211784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想