イギリス・ロマン派と《緑》の詩歌 : ゴールドスミスからキーツまで

森松健介 著

[目次]

  • 第1章 ゴールドスミスの『廃村』に見える牧歌の変形
  • 第2章 クラブの描く農民と貧民-『教区の記録簿』と『都邑』
  • 第3章 女流詩人たちの活躍-シャーロット・スミス再読(バーボールドも一瞥)
  • 第4章 ブレイクの『無垢の歌』
  • 第5章 ブレイクの『経験の歌』-"人間の自然"の劣悪化
  • 第6章 「自然詩人」を目指すワーズワスの苦闘
  • 第7章 ワーズワスの「ティンタン僧院」など
  • 第8章 ワーズワスの「永生の啓示オード」
  • 第9章 ワーズワスの『序曲』
  • 第10章 初期コウルリッジの"自然"認識〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス・ロマン派と《緑》の詩歌 : ゴールドスミスからキーツまで
著作者等 森松 健介
書名ヨミ イギリス ロマンハ ト ミドリ ノ シイカ : ゴールドスミス カラ キーツ マデ
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2013.2
ページ数 413,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8057-5175-6
NCID BB11927769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22212914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想