日米構造協議の政治過程 : 相互依存下の通商交渉と国内対立の構図

鈴木一敏 著

日米構造協議は、単に日本が米国の外圧に屈した交渉なのか。日本は、どんなときに、どのような要求を受け入れたのか。そしてそれはなぜなのか。本書は、公開された一次資料を用いて構造協議の過程の詳細を分析し、省庁の縦割りを包括するアジェンダが、日米両国において国内対立を激化させる様を浮き彫りにする。そして、日米両政府の意志決定体制の在り方が、国際交渉の結果を規定する様を明快に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 複数分野通商交渉と日米構造問題協議
  • 第2章 複数分野を関連付けた交渉の力学
  • 第3章 構造協議の構図
  • 第4章 構造協議の交渉過程の分析
  • 第5章 構造協議の交渉結果の分析
  • 第6章 リンケージの分水嶺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米構造協議の政治過程 : 相互依存下の通商交渉と国内対立の構図
著作者等 鈴木 一敏
書名ヨミ ニチベイ コウゾウ キョウギ ノ セイジ カテイ : ソウゴ イゾンカ ノ ツウショウ コウショウ ト コクナイ タイリツ ノ コウズ
シリーズ名 MINERVA人文・社会科学叢書 187
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.2
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06564-6
NCID BB11907080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22213737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想