目からウロコの生命科学入門

武村政春 著

生きているって、どういうこと?「生物」を履修していない人でも興味をもって読み進められるよう「生物学」の成り立ちと発展から説き起こした生物学(生命科学)の入門書。軽妙で明解な文章で「生命科学」の泉へ誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生物と細胞-生命とは何か・その根源的存在
  • 細胞の考え方-複製する細胞と、体の成り立ち
  • DNA-複製する分子のはなし
  • RNA-生命を左右する核酸のはなし
  • 遺伝子とは何か-予想もつかないミクロの世界
  • 生物はいかにして生まれるか-発生のはなし
  • 性とは何か-そのあいまいな存在
  • 脊椎動物の発生について-鳥もヒトもじつは同じ
  • 体の中の他者-複製と共生
  • 生命科学の原点-博物学と本草学
  • 生物は進化する-ダーウィンが見たものとは
  • 生命科学の未来-ヒトは、それをいかに使いこなすか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目からウロコの生命科学入門
著作者等 武村 政春
書名ヨミ メ カラ ウロコ ノ セイメイ カガク ニュウモン
シリーズ名 MINERVA TEXT S.LIBRARY 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.2
ページ数 222p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-06518-9
NCID BB11888576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22209249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想