日本人が信じている近現代史は噓だらけである

黄文雄 著

日韓併合から満州建国に中国侵略まで、中韓が声高に叫ぶ歴史常識のウソと欺瞞を暴くとともに、満州、台湾、朝鮮の近代化や大東亜戦争における日本の多大な歴史的貢献を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 偽史を認める「日本」(語られざる東亜近代史五つの視点
  • 戦語日本人の間違いだらけの植民地認識
  • 日本の三大植民地再考)
  • 第1章 近代史を捏造する「中国」(「日中二〇〇〇年友好史」の真実
  • 中国反日感情の本当の理由
  • 侵略の被害者ではなかった十九世紀の中国
  • 北清事変における日本軍の中国への貢献
  • 忘れられた日本への「恩」
  • 日本の残虐行為デッチ上げの真相
  • つくられた「中国侵略の歴史」)
  • 第2章 歪曲されたアジアの夢「満州」(ゆがめられた「王道楽土」の真実
  • 近代産業国家「満州」に見る日本民族の貢献
  • 満州軍閥・張作霖を支えた町野武馬
  • 張作霖爆殺事件で浮上する「ソ連犯行説」)
  • 第3章 併合で生き返った「韓国」(韓国が反日になる真の理由
  • 朝鮮半島の住民を救った日本
  • 朝鮮の再生を目指した日韓合邦の功績
  • 台湾総督府と朝鮮総督府
  • 韓国人・台湾人の近代国民意識の誕生)
  • 第4章 日本が文明開化させた「台湾」(台湾の近現代を築いた「夜警国家」
  • 台湾のインフラを整備した日本
  • 台湾に押し寄せた日本の文明開化の波
  • 親日国家台湾の正体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人が信じている近現代史は噓だらけである
著作者等 黄 文雄
書名ヨミ ニホンジン ガ シンジテ イル キンゲンダイシ ワ ウソダラケ デ アル
出版元 晋遊舎
刊行年月 2013.2
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86391-711-8
NCID BB11853833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22200023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想