ソーシャル化する音楽 : 「聴取」から「遊び」へ

円堂都司昭 著

ソーシャル・ネットワークをつうじて、次々と新たなムーヴメントが起こる音楽シーンを全方位レヴュー。コンテンツの現在を大胆に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 祝祭の風景の一九六〇年代とゼロ年代以降
  • 第1章 ガジェット化する音楽
  • 第2章 キャラクターをめぐる人形遊び
  • 第3章 ライヴ感の共同体のなかのライフ
  • 第4章 音楽遊びの環境
  • 第5章 浮遊する音楽論
  • 終章 繰り返されるトランスフォーム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャル化する音楽 : 「聴取」から「遊び」へ
著作者等 円堂 都司昭
書名ヨミ ソーシャルカ スル オンガク : チョウシュ カラ アソビ エ
出版元 青土社
刊行年月 2013.3
ページ数 273,4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7917-6690-1
NCID BB1185169X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22210027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想