経済史の構造と変化

ダグラス・C・ノース 著 ; 大野一 訳

取引コスト経済学が読み説いた人類一万年の「制度」の進化論。ノーベル経済学賞受賞者による目から鱗の世界史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論(問題提起
  • 経済の構造-序論
  • 新古典派流の国家理論
  • 歴史上の経済機構-分析の枠組み
  • イデオロギーとフリーライダー問題
  • 経済史の構造と変化)
  • 第2部 歴史(第一次経済革命
  • 第一次経済革命-機構への影響
  • 古代文明の経済変化と衰退
  • 封建制の発達と崩壊
  • 近世ヨーロッパの構造と変化
  • 産業革命再考
  • 第二次経済革命とその帰結
  • アメリカ経済の構造と変化)
  • 第3部 理論と歴史(制度変化の理論と西洋経済史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済史の構造と変化
著作者等 North, Douglass Cecil
大野 一
North Douglass C.
ノース ダグラス・C.
書名ヨミ ケイザイシ ノ コウゾウ ト ヘンカ
書名別名 Structure and Change in Economic History
シリーズ名 NIKKEI BP CLASSICS
出版元 日経BP社 : 日経BPマーケティング
刊行年月 2013.2
ページ数 395p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8222-4944-1
NCID BB11829544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22209008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想