経済安全保障 : 経済は安全保障にどのように利用されているのか

長谷川将規 著

戦間期や冷戦期の事例、台頭する中国とアジア諸国の反応などを考察し、従来の国際政治経済学や安全保障論の死角を照射するとともに、新たな分析の枠組みを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と手法
  • 第1章 経済安全保障とは何か
  • 第2章 経済安全保障の8つの戦略
  • 第3章 中国の経済安全保障-中国・ASEAN自由貿易協定と人民元エリア
  • 第4章 勢力均衡と経済安全保障-台頭する中国への反応
  • 第5章 通商リベラリズムと戦争と平和-経済的相互依存は平和をもたらすのか
  • 終章 経済安全保障の含意と将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済安全保障 : 経済は安全保障にどのように利用されているのか
著作者等 長谷川 将規
書名ヨミ ケイザイ アンゼン ホショウ : ケイザイ ワ アンゼン ホショウ ニ ドノヨウニ リヨウ サレテ イル ノカ
書名別名 Keizai anzen hosho
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2013.2
ページ数 293p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2247-4
NCID BB11813839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22209811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想