高校数学でわかる相対性理論 : 特殊相対論の完全理解を目指して

竹内淳 著

時空の概念を大きく変えた特殊相対性理論は、「光速一定」というただ一つの原理から導き出されマイケルソン・モーレーの実験の矛盾をみごとに解決した。本書では、その導出から電磁気学との関係まで大学学部レベルの理解を目指す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ローレンツ変換からミンコフスキー空間まで(相対性理論前夜-何が謎だったのか
  • 相対性理論の登場-アインシュタインの独創
  • ローレンツ変換が教える異様な時空間-そこには常識と異なる世界があった
  • ミンコフスキー空間-新しい時空間の描像)
  • 第2部 相対論的力学編(相対論的力学の構築
  • 相対論的力学の体系化-4元ベクトルとテンソル)
  • 第3部 電磁気学編(電磁気学と相対性理論-微分形のマクスウェル方程式
  • 電磁気学はどう変わるか?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校数学でわかる相対性理論 : 特殊相対論の完全理解を目指して
著作者等 竹内 淳
書名ヨミ コウコウ スウガク デ ワカル ソウタイセイ リロン : トクシュ ソウタイロン ノ カンゼン リカイ オ メザシテ
書名別名 Koko sugaku de wakaru sotaisei riron
シリーズ名 ブルーバックス B-1803
出版元 講談社
刊行年月 2013.2
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257803-5
NCID BB11746141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22209955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想