将棋の歴史

増川宏一 著

将棋の歴史は、いまだ解明されていない謎が多い。これまでは、漠然と中国から伝えられたと思われてきた。しかし、中国の将棋(象棋)と比べてみると、駒の形、その進め方、将棋が始まったとされる時期など、多くの違いがあるのだ。では、いったいどこから将棋は伝わったのか。そして、どのように変化し、複雑で面白い遊びとして、広く日本に定着したのか。最新の研究成果とともに、近年の将棋熱を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 将棋伝来の謎を探る
  • 第1章 中世に栄えた将棋の源流
  • 第2章 職業として認められた江戸時代
  • 第3章 宗家一二代「大橋家文書」による真実
  • 第4章 近代化がもたらした繁栄と衰退
  • 第5章 戦後の復興から未来へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 将棋の歴史
著作者等 増川 宏一
書名ヨミ ショウギ ノ レキシ
シリーズ名 平凡社新書 670
出版元 平凡社
刊行年月 2013.2
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85670-5
NCID BB11670673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22215838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想