〈生命〉とは何だろうか : 表現する生物学、思考する芸術

岩崎秀雄 著

生命科学は、どのように私たちの生命観と関わっているのか。生命科学は、どのような生命への眼差しを内包しているのか。「生命を理解する」「生命について考える」とは、どういうことなのか。つくりながら見えてきた"生命"の本質。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 つくりながら理解する生物学-細胞をつくるとは?(生命をつくる
  • 生命の基本単位としての細胞 ほか)
  • 第2章 「細胞を創る」研究会をつくる(合成生物学の台頭
  • システム生物学 ほか)
  • 第3章 合成生物学の源流をめぐって(「何ができたら人工細胞」なのだろうか?
  • トラウベの人工細胞 ほか)
  • 第4章 表現する生命科学-生命美学という試み(チューリング・テストと人工細胞
  • 生命の定義と間主観性 ほか)
  • 第5章 現代芸術における生命(芸術はなぜ生命にこだわるのか
  • マイクロヴィーナス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈生命〉とは何だろうか : 表現する生物学、思考する芸術
著作者等 岩崎 秀雄
書名ヨミ セイメイ トワ ナンダロウカ : ヒョウゲン スル セイブツガク シコウ スル ゲイジュツ
シリーズ名 講談社現代新書 2193
出版元 講談社
刊行年月 2013.2
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288193-7
NCID BB11659626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22207163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想