海上の道

柳田国男 著

日本民族の祖先たちは、どのような経路をたどってこの列島に移り住み、いかなる技術・宗教・習俗を運んできたのか。表題作のほか、海や琉球にまつわる論考八篇を収載。大胆ともいえる学問的仮説を展開し、後世の幅広い領域に多大な影響を与えた最晩年の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海上の道
  • 海神宮考
  • みろくの船
  • 根の国の話
  • 鼠の浄土
  • 宝貝のこと
  • 人とズズダマ
  • 稲の産屋
  • 知りたいと思う事二、三

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海上の道
著作者等 柳田 国男
書名ヨミ カイジョウ ノ ミチ
シリーズ名 角川ソフィア文庫 SP J-102-6
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2013.1
ページ数 345p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-408311-3
NCID BB11658190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22212865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想